出会い系目的で使っている人に注意

出会い目的の人に要注意

出会い系サイトの感覚でSNSを使っている人がいるので、怪しい人には近づかないでください。
そのような人は、メッセージのやり取りをしてすぐに会おうと言ってくる傾向が見られます。
相手の言っていることを全部信用して、安全な人だとすぐに判断しないでください。
SNSでは、プロフィールを記入する欄があります。
そこに趣味や年齢などを書きますが、嘘の情報だって書き込めます。

高校生とプロフィールに書かれているのに、実際はそれよりも年上かもしれません。
相手が本当のことを言っているか分からないので、SNSで知り合った人と安易に会おうと考えないでください。
何度もメッセージを送ってコミュニケーションを取っていれば、安心できる人か判断できます。

個人情報は教えない

SNSを使って、相手から個人情報を聞き出そうと思っている人もいます。
安易に住所やメールアドレスを送って、ストーカー被害に遭ってしまった人もいるので気をつけてください。
個人情報を、SNS上で知り合った人に教えることはしないでください。
サイバー犯罪に巻き込まれることを怖がって、SNSの利用を控えている人もいます。

ですが自分で対策をすることで、サイバー犯罪に巻き込まれずに済むので強い意識を持ってください。
メールアドレスや住所を聞き出そうと思っている人は、信用できないと判断しても良いです。
すぐに関係を断ってください。
怪しいと少しでも思ったら、その時点で逃げるのがサイバー犯罪に巻き込まれない最善の方法です。


この記事をシェアする