犯罪に注意してSNSを使おう

SNSで危惧すべきサイバー犯罪

SNSを気をつけて使う

誰でも簡単に、SNSを津使って記事を投稿することができます。 ですから、内容をよく考えなければいけません。 自分が何気なく発した言葉が原因で、誰かを傷つけることがあります。 また会社の評判を下げるような内容を投稿する人も多いので、仕事で使う時も注意が必要です。

出会い系目的で使っている人に注意

本来SNSは、今日の出来事などを投稿する交流の場です。 ですが中には、SNSを出会い系のような感覚で使っている人がいるので注意してください。 特に中学生や高校生が巻き込まれる、サイバー犯罪が増えています。 小学生でもSNSを使っている人が増えているので、用心させましょう。

SNSを使った詐欺が流行っている

詐欺のような行為を、SNSでしている人が見られるので注意しなければいけません。 また変なサイトのURLをクリックしたことが原因で、ウイルスが侵入してくることもあります。 ウイルスが侵入すると、スマートフォンに入っている個人情報のデータが盗まれるかもしれません。

人や会社に迷惑をかける

サイバー犯罪という名前の犯罪を、聞いたことがあるでしょうか。
近年増えている犯罪の1つです。
主にSNSを通して出会った人物同士がトラブルを起こして、犯罪に繋がる例が多いです。
SNSは簡単に知らない人とコミュニケーションが取れるので、友人をもっと増やしたいと思っている人におすすめです。
しかし、相手が良い人だという確証はありません。
もしかしたら、犯罪を起こそうと思っている危険な人物かもしれません。
サイバー犯罪は、警察に相談しても解決しにくいというデメリットがあります。
ですから、自分から用心しなくてはいけません。

出会い系サイトの犯罪や、詐欺サイトを使った犯罪が増えています。
金銭を要求されたり、自分の命が危険にさらされることもあります。
SNSは、怖いものだという認識を持っていれば、犯罪に巻き込まれる可能性を低下できます。
また、ポイントに注意していれば犯罪を避けられます。
これからSNSを使おうと思っている人は、怪しい人物を見極めるコツを知ってください。

子供がSNSを使う時も、注意が必要です、
何も危険性が分かっていないので、怪しい人物の誘いについ乗ってしまうことがあります。
SNSを子供に使わせるのは良いですが、危険性を教えてください。
子供と、決まりを作るのも良いと思います。
気軽にコミュニケーションを取れるSNSが多いので、使うなとは言いにくいかも知れません。
安全に使えるよう、ルールを子供と決めることをおすすめします。